超名曲の語法や意味を探る4時間

(Facebookページからの引用です)
志木フィルハーモニー管弦楽団は、9月25日(土)の第23回定期演奏会でベートーヴェンの交響曲第5番「運命」を取り上げます。いわずと知れた名曲ですが、今回は、作曲者の意図などにもしっかりと踏み込んでみたいと考えています。
 
そこで、7月30日(土)午後、国内外で大活躍されている、東京ニューシティ管弦楽団正指揮者の曽我大介先生をお迎えし「運命」のワークショップを行います。
曽我先生のレクチャーはたいへん興味深く、勉強になります。折角の機会ですので、団外からも、一緒にワークショップで演奏して頂ける方を募集します。なお見学・聴講もお受けします。

【日時、場所】
 平成28年7月30日(土)13:00~17:00
 (同日10:30~12:00に当団指揮者による事前練習を行い
  ます。可能でしたら参加してください。)
 志木市民会館パルシティ大ホール
 (東武東上線始期駅から徒歩約10分)
 
【募集パート】(申込状況によって締切る場合があります。)
 ・ヴァイオリン
 (パートについてはご希望に添えない場合があります)
 ・ヴィオラ
 ・チェロ
 ・コントラバス
  ※その他のパートについてはお問合せください。
 
【参加費】 事務費として1000円ご負担ください。
     (見学・聴講は無料です。)
 
参加ご希望の方は 当団WS担当 btrb56@yahoo.co.jp までメールください(お名前、パート、メールアドレス、住所(楽譜を贈りますので))。見学・聴講の場合は、「聴講希望」と明記してください。
 
※なおワークショップへの参加は、当団への入団や当団定期演奏会への賛助出演を前提(義務)とするものではありません。

6月20付読売新聞夕刊「くらし本」でも取り上げられました

指揮者・作曲家曽我大介のweb-siteにようこそ!

まだまだうっとうしい梅雨の季節が続きますが、みなさんお元気でお過ごしでしょうか?
サマーミューザの皆様のお越し、お待ちしております!!